2015.04.09 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.12.04 Wednesday

    タカラモノの出来事

    0

      2013年はすばらしい出来事がたくさん起こった年でした

      しかし余裕がなくて ブログに向かうことができないまま。

      しばらく書けなかったことを

      少しずつ

      書いていきますね



       斎藤史門さんの作品であるドームハウスが

      二年以上経って 少しずつ完成に近づいて

      ゲストをお呼びすることができるようになってきています

      まだいろんなものが 全然足りませんが

      ステキな空間として

      ゆっくりと

      のんびりと 

      いらした方を癒してくれるようになりました


      ある遊びにいらしていただいた方が

      空気感と 暮らしかたと

      空間を

      とても気に入ってくださって

      なんと雑誌に載せてくださるという

      ステキなことがおこりました



      お客さまは DREAMという雑誌の

      編集者さんで

      同じ大磯 ふるーい静かな日本家屋に住んでいらして

      彼女の周りにはいつも

      少女のような空気が 優しい色でふわふわしていて

      でもとってもおとなのひとで

      いつもすてきな服を着ています


      そんなステキなひとがお山に遊びに来て

      たくさん写真を撮ってもらったのですが

      その後、ぜひに!と言っていただいて

      なんと表紙にもなったりして

      いっぱいページを使ってもらって

      タカラモノができあがりました



      中にはね

      史門さんも映っています

      こんな形にたくさん載せてくださったことを

      とっても喜んでいました


      山に住んでいると

      自然の勢いにときどき負けそうになります

      いや、勝ち負けじゃないのだけど

      ひとりで 大変なことが多すぎてしまうと

      疲れて泣きたくなります



      だけど、みんなと一緒に居たら

      たのしくなるでしょ?

      アイデアも浮かぶし 

      アイデアも集まるし

      どうしたらもっと楽しくなるかな?とか

      ちょっと手伝って!とか言いやすい

       ステキな場所なんだもん

      みんなでたまに集まって

      わいわいできるようにしてみよう

      それがはじまりでした


      そしてじじとばばと主人とむすこたち

      みんなで協力して


      斎藤史門さんがほぼ毎日通って

      ひとりでもくもくと作ってくださった作品が


      みんなの心を癒して

      楽しむことの大切さを教えてくれています



      材木をトラックいっぱいくださった袋田工舎さん

      お山を縦横無尽に走り回り

      木と草と地面を見違えるようにしてくださった

      空師の佐野さんと西川さん

      クスノキの皮を剥いてくれたり お手伝いいっぱいしてくれた

      ご近所のみっちゃんとあまねちゃん

      相談に乗ってくださったみなさま

      ほんとうにありがとうございます!!


      たくさんのみなさまに支えていただいて

      集まれる場所として少しずつ

      ドームハウスが動き始めています


      ミユキさん。ステキな雑誌に混ぜてくださって本当にありがとう。。

      タカラモノが増えました♥



      2013.09.10 Tuesday

      ウチのコ行動ガク。相談会を始めた、ワケ。

      0




         イヌのシゴトをしていたら

        たくさんの楽しいことと たくさんの悲しい事実に出会います

        たくさんの悲しい事実を

        少しでも減らすために

        わたしにできること


        ひとりじゃできないことだけど

        ステキな先生にめぐりあって

        相談会をはじめました



        いぬってわけわかんない

        いってもわかんないし

        こまったことばかりする

        せっかくいぬと暮らし始めたのに

        もうこんな大変なら捨てちゃおうって思われちゃうまえに

        ちょっと待ってよ

        もしかしたら、なんだけど いぬがこまってるだけかもよ

        少しいっしょに頑張ってみましょうよって 

        お話しできたらなと思ったの


        そして

        もしも いぬとの暮らしがもっとらくちん 楽しくなったら

        きっと 放棄されるいぬたちだって減っていくはず


        そんなつもりじゃなくてもお勉強したいなって思ってきてくださる方が

        いい空気の輪を広げてくだされば

        ほんとうに困っているいぬと暮らすひとに

        つながるかもしれない


        どうか

        どうか

        処分されるいぬたちが

        居なくなりますように




        ちばわん





        2013.05.10 Friday

        masishuさんの夢の刺繍教室実現の日

        0

           もう何年前かな

          パソコンの中に見つけた ページに心を奪われたのでした

          すばらしくステキで

          感覚がほんとにかっこよくて

          すごい!!!!!!


          それがmasishu yonecoさん


          センスがもうほんとにすばらしくて

          それからずっと恋焦がれていました


          刺繍教室をされているとは もー行きたくて行きたくて

          でも絶対お会いできることなんてできないわー・・・と

          雲の上の上のほうを

          眺めていたのですが。。。


          史門’sドームハウスが とうとうなんとなくゲストを呼べるようにしていただけて

          一番憧れのことを一番最初のワークショップとして

          やらなくてドウスルンダ!!


          yonecoさんに ダメモトでお願いしたお山開催。。。


          そしたらね、yonecoさんは

          大喜びでお山に来ることを約束してくださったのでした

          なんてことでしょう

          !!!!!



          そして お山DE刺繍教室、夢がかなったのでした!


          毎回大人気過ぎて あっという間に予約が満席になる

          今回もほんとにあっという間すぎて

          驚き!!!


          そりゃそうだよなー

          masishuさんだもの!


          そしてわくわくの日々を過ごし

          とうとう その日がやってきたのでした





          皆さんいらして お昼を食べてから

          取り出された キットのすばらしさ    !


          本物の、刺繍

          !!!!!




          a−.....

          ため息。。。




          この日のために史門さんが間に合わせてくださったテーブルとベンチ

          袋田工舎さんからいただいた板たちが

          大活躍です!




          一緒に参加してくれたいぬちゃんたち

          りんたろうくん



          バジルちゃん



          ザクロくん



          レオポルドくん ルークくん



          ふじこちゃん

          みんないいこさんばっかりでしたwww




          みなさん 真剣で 集中しまくり。。。

          ・・・・な、なかにも

          もちろん笑いたっぷりで

          楽しそうだーーー







          だんだんできてきてるきてる!

          困ったらね、yonecoカードが使えるんです

          だからあんしーん!



          いいこに待てるマテル




          いいコに見てるミテル

          まばたきを お忘れなくだよーーー

          ミテルミテルミテル・・・

          ほんとにずーっと見てたね!

          感動したよー!!



          ちゃんとまってるもーん



          。。。て

          寝る場所が 刺繍のいちばん邪魔なばしょだよねー

          りんくん (笑)




          ステキなおみやげもいただいちゃううなんて

          感激!!

          差し入れなんても

          たくさんみなさんお持ちくださって

          ありがとうございます!!!!


          おしゃれさんyonecoさんの人柄も

          すーごくステキだから

          たくさんのみなさんに

          愛されてるのですよ

          あふれてました




          そして出来上がったみなさんの作品が



          どーん!!!

          特徴が出てる!いちばんうちのコ知ってるから!

          いいなあいいなあ


          ほんとはいちばんやりたかったの

          ワタシ!!!


          なーんて

          目の前でyonecoさんのwork

          観られただけで

          小躍り気分でした

          ほんとに ふわふわしっぱなし

          でした


          お山に一生懸命上がってくださったみなさま

          ありがとうございました


          yonecoさん

          夢をかなえてくださって

          ありがとう



          史門せんせの おかげだ。。。

          ありがとうございます



          なんて素敵な時間だったことでしょう



          masishu刺繍教室は 11月。

          ふたたびお山で開催決定です!


          お楽しみに!!!!

          2013.01.16 Wednesday

          明けましておめでとうございます 2013

          0

             元旦のお山からの眺めですよ

               


            本年もどうぞよろしくお願いいたします




            せっかく見に来ていただいているのに

            なかなか更新できないでごめんなさい!

            今年は もっと頻繁に更新します!!

            ...おお。宣言してしまいました 汗



            今年は いぬたちと たくさん話をしたいなあと思っています

            最近よくそのことを考えるようになりました

            いぬたちの社会化を進めるトレーナーさんたちの存在を

            ツイッターを通じて知るうちに

            彼らのいぬという生き物に対する、深い尊敬と接し方に

            深く納得したことから始まります
             

            ワタシがトリマーとして勤めていた20代のころはまだ

            トレーニングに関してひとが絶対的優位に立つという いぬを屈服させるやりかたが

            ほとんどで 主流だったと思います

            ワタシもそう教わってきたし

            だけど ずっとなんだかモヤモヤ、ナニカが違うと思ってきました

            トリミングしていると いろんなコがいます

            やらせてくれるコが大半ですが

            中にはそうでないコもいます

            そうでないコでも なんとか 時間内に高レベルにきれいにしてお返しするのが

            トリマーの仕事です(、、、と思ってました)

            そのときに 屈服させてやらせるのではなく 譲り合うとうまくいくことが

            意外と多かったからです

            トリマーは いぬたちと毎月一回会って

            回を重ねるうちに お互いを分かり合っていく

            ここでワタシは 彼らの言葉 カーミングシグナルを必然的に学びました

            嫌なことをするのがトリミングですから

            どうしても我慢してもらわなくてはなりません

            我慢が限界に達すると攻撃に転じますから

            そこを見極める必要があるわけです

            彼らの言葉は いぬである彼ら同士の表現ですが

            彼らの気持ちをくみ取るためには

            このカーミングシグナルを 細かく細かく観察し ひとが読み取る必要があります


            これを読み取れると 彼らの考えていることがたくさんわかるようになります

            彼らのいいなりにわがままにさせる ということではありません

            かれらが何に ストレスを感じ 嫌だなあと思い うれしいと感じ

            どうしたいかを相談し こちらのしてほしいこと 困ることと

            妥協案を見つけたり 方法を見つけたり

            そうやっていくうちに 信頼関係が築けること

            結果的にひともいぬもそんなに困らないで 暮らせるのかもナ


            知らないままいぬと暮らしている方々に 知っていただくことが

            いぬとシアワセに暮らせることにきっとつながる

            困っているヒトを減らせるのではないかなと

            困っているヒトが減ると 放棄されるいぬも 結果減らせると思うのです

            今年は ワタシももっと学びたいなと考えています



            今ね、いろんなことを新しく始める準備をしています

            もうすぐ HPが♪できる予定です

            できたら こちらでももちろんご紹介させていただきますね

            ステキなWEBデザイナーさんと出会えたので

            ステキなHPにできちゃうはず!

            うー楽しみだ!!

            敷地内のドームもちゃくちゃくと進んでいて 毎日忙しく準備しています



            寒いけど外で毎日庭仕事



            起こしちゃったセミくん ごめんね


            シャベルで土を掘り起こしたり



            いらない枝をロケットストーブで燃やしてやかんでお湯沸かして 湯たんぽに入れたり




            10歳の息子もだいぶアウトドアを楽しめるようになりました

            ロケットストーブで火を点けるの コツがいるんだけど

            もう完璧。ひとりで点けられます




            外でご飯食べるっておいしいですよ ほんとに!!














            2012.05.17 Thursday

            ドラゴンを飼おう

            0

              息子とワタシの大好きな本

               


              ドラゴンの飼育方法が とても詳しく書かれています

              えさや、健康管理、卵のかえし方、病気…

              小さなドラゴンが卵を破って 産まれたら・・・

              へやをパタパタと飛び回って カワイイだろうな  

              すこし大きくなったら、学校まで乗せてもらったり お山に帰るのもひとっとび


              そこで ドラゴンを飼うための ケージを作るコトにしました

              って下さるのは、鉄の芸術家 斎藤史門さん

              ドームハウスを幾つも作っていらしたから

              ドラゴンの住処なんて おてのもの

              まずは ミステリーサークルみたいなステージを

              とても堅くて腐りにくい 東南アジアのウリンという木の足の土台の上に





              大きくなっても大丈夫なように5メートル四方の大きなすみか




              二本の 大きなクスノキと 一体となるような作りだから

              ツリードームって呼ぼう

              ツリーハウスのような木の上じゃないけど

              ここは海風が強いからね 揺れすぎるのも困る



              ウリンの階段は のぼるとき ピーンていい音がするよ

              とっても堅い木だから



              断面は まるで石を切ったような ツルツルとした感触




               ここからは 大磯港も 江の島も 房総や 大島まで

              天気が良ければ

              オーシャンビューだから



              もちろんドラゴンだって 満足するだろうね


              三角をほぼ感覚のみで 切り出して 組み合わせる

              もちろん 法則と 技術があってこそ





              上を見上げるとクスノキが笑うよ



              いい気持ちだから 牡丹もマッタリ









              さあ こんなステキなケージができちゃった!!

              はやく ドラゴンの卵を見つけなきゃ!!!


              作ってる途中 雨の日はね シートをかぶせる



              いったい何の物体なのかなと とつぜん現れたら

              驚くね



              屋根は 六メートルくらいの高さになるよ

              でもとても 頑丈



              無駄が出ないように パズルのように切りながら

              うまく合わせることも

              嫌な顔一つしないで 美しく合わせてくださる

              大工さんはこんなことしないよって、笑うけどね

              すみません!

              でも木もきっと喜んでる

              史門さんは優しいゲイジツカなんだ

              まだまだ これから壁を貼っていただいて

              完成には時間をかけて。

              芸術作品には 妥協は許されないと見た





              この場所にはいろいろな方の 心と 力が たくさん集まっている

              きっと いい場所になる



               

              2011.12.19 Monday

              うちのお山のこと

              0

                ワタシは森の中に住んでいます

                といっても 駅までは走って下れば五分で着きます

                親戚でみんなで住んでるので けっこう広いです

                しかし 管理がとても大変です

                最近は 木がのびすぎて 山全体が荒れてきてしまいました

                真っ暗だし と 木の枝をを切るにも 15メートル越えの高い木や 

                枝に乗ったら折れそうな枝振りに

                途方に暮れていたのでした

                大磯の木は成長が速いのだそうです

                温暖で 海からのミネラルも飛んでくる


                うちの下段には 立派なクスノキの林があります

                地面は平らな部分になっていますが

                雑木や 熊笹が生い茂ってしまい クスノキの葉で真っ暗でした

                周りの木も伸びて伸びて

                うちが埋もれていきます

                枝が混んで 苦し紛れにお日様を探して 枝が右往左往

                土も日が差さないと 微生物が増えないから 悪くなっちゃうと聞いた

                だからカブトムシ ちっちゃくなったんだね

                ずいぶん前から ここを放っておかないで なんとかしなきゃいかんな、と

                思っていました

                クスノキを見上げていたら この辺を切ってやれば 明るくなるよなーと

                 そんなことを腕を組んで 家族で考えていました

                そこからは 海が見えるのです

                大磯の港も

                平塚方面もね

                ココでみんなが集まって のーんびりできたらな


                甚大な被害の出た この前の台風

                大磯も松が折れたり たくさんの枝が落ちたけれど

                そのクスノキの林の 一番抜きたかった部分の大枝 直径3、40センチはありますが

                台風一過の朝 林を覗くと みごとにばっさりと落ちていたのです



                木って話がわかるのかもね

                真っ暗だった林の真ん中に ぽっかりと空が見えたのですよ

                なんか ほんとに応援されてるような気持になって

                ほんとに やろうって 思ったのです

                しかし こんな大きな枝、どうしたもんかな・・・

                とてもしろうとでは 切れない太さ

                落ちた枝が地面に横たわり 前よりも林はメチャメチャになってしまいました

                上が重くなった杉の木は ゆさぶられて 根っこごと傾いて 道が壊れてる


                台風が来るちょっと前に ステキな人が現れました

                空師、という職業だそうです

                江戸言葉らしいのですが 高い木専門のきこりさん

                海の見える森で 芸術祭のお手伝いをしていたとき

                ボランティアで その森の管理をしているという男性と会いました

                ある日 史門さんが 彼と話をしているうちに ビビビときたみたい

                うちのお山に ぴったりな人だって

                すぐに私を呼んでくれた


                うちのお山は 由緒正しい土地らしく 先祖代々大事に守ってきたらしい

                とても 木や 土地に愛着を持って住んでいます

                空師さんは バサバサ木を切るのがきらいなんだ

                木が呼吸をできるように どこを切ったかわからないように作る

                自然に 自然に 

                大磯の大きな木が  どんどん切られていくのを 

                とっても悲しんでいる


                うちのお山を見て ほんとにいい山だと 原始の森も クスノキも

                いっぺんに気に入ってくれた

                ぜひやらせて下さいと

                言ってくれたのでした


                そして たった二日間で クスノキの林が 見違えるほどきれいになったのでした

                枯れた枝を てっぺん付近まで登って下ろし

                風の通り道を作り 大枝を刻み 雑木をはらい 地面を見せてくれました





                忍者の道具みたいなはしごと ロープたった一本で15メートルの樹上まで登り

                ロープで降りてくるのです



                義母など ひやひやして恐ろしくて見ていられないくらい

                職人ってカッコいいなー!!!!



                ワタシも 教えてもらって 人生初チェーンソー!!!

                こわごわ始めたけど 意外と怖くなくって 楽しくなってきた   

                時間さえあれば やれることが増えてきた!!


                一度きれいになっていれば いろんなことが見えてきますよ

                どうしていいやらの ワタシたちに 適切にアドバイスをくれる

                切る木には お浄めをし

                折れた枝の 傷の部分には 防腐剤を塗って帰ってくれた

                彼の人間性に うちのみんなが 深く頷いたことは

                いうまでもありません


                さっぱりときれいになった林

                海も 港も 見える見える

                木たちも 呼吸しやすくなったはず





                さて ここで何を始めようか!?

                いぬたちも一緒に来られる のんびりできる場所

                ワークショップをできる場所 

                スラックラインとか ツリークライミングの先生も 空師さん知ってるって

                ハンモックカフェさんにも来てもらいたいし・・・





                もう少し いろんな整備が必要なので

                目標は来年の秋あたり・・・

                蚊が出なくなったら 遊びに来てもらえるかなー・・・・


                そうなったらいいなー


                空師さん ほんとうにありがとう

                これからもよろしくお願いしますね





                 






                 

                2011.07.26 Tuesday

                ケサランパサランをつかまえた

                1

                ワタシが小さいころ 横浜市緑区の マンモス団地に住んでた

                当時はベビーラッシュで、団地はたくさんの子供

                 まだ緑がいっぱいだった 団地の周辺で

                毎日毎日駆け回って 遊んだ

                ゲームがやっと出始めたころのはなし

                集団登校で小学校に通って

                色んな流行りもの うわさ話 思い出がいっぱいあります

                ほんとに 夕方口裂け女がでると思ってたし

                学校の校門に 怪しげな 興味を引くものを売りに来るおじさんとかいたり

                駄菓子屋さんのにおい付きのいろいろとか

                雪虫 とか


                そんな思い出の中のひとつ ケサランパサランというイキモノ

                誰かがつかまえたのを見せてくれた

                ちゃんと 真ん中に口があって 何を食べるかというと 「おしろい」

                その子は そーっと おしろいのコンパクトを開けて

                見せてくれた

                みんなで覗き込んで見る

                「 ほらほら!動いた!!・・・あっ 逃げちゃう!」

                ・・・って あんまり見せてもらえなかった

                うらやましかったな〜


                懐かしくて ダイジな思い出


                そのケサランパサランを おとといつかまえた

                羽根が折れて ほとんど瀕死の状態

                おしろい ないな〜

                困ったな




                これが ケサランパサラン

                ・・・の正体

                みんなの鼻息で 動いたんだよ


                なんかの植物の種

                誰か知ってますか?

                本との名前。。。



                明日 逃がそう

                2011.05.23 Monday

                menuさんちのかわいこちゃんたち

                0

                   ちょっとお渡しするものがあって menuさんに寄りました

                  menuさんにはいると いつも胸が切なくなる!!!

                  連れて帰りたいものだらけ







                  ああ なんてかわいい エンピツ削りたち・・・



                  この中の一つをなんて 選べるわけがない!!


                  へんないぬが そこかしこに居る



                  こういうかわいすぎるへんないぬは みんな連れて帰る!

                  …予定



                  ランプ類は 特にカッコいいものばかりですよ

                  日本一 腰の低いアンティークショップと豪語する オーナーが

                  お店で会うと小さいのに どこかで会うとのっぽさんになるイリュージョン

                  ぜひ体験してみてください


                  ココからやってきた うちの”グランマ”ちゃん

                  フランスのおばあちゃんがかわいがっていたって言ってた

                  何度も繕っている縫い目。。。

                  わたしも 大事にしますよ

                  2011.05.15 Sunday

                  わたしを探す旅

                  0


                    トゥーカンたちと触れ合ってから

                    預かってもらっていたうちの火事で 焼失したあの本が

                    やっぱりじーっくり読み返したくて

                    絶版で手に入らないこんな本でも 今はネットで探せる



                    ひとつ 手元に思い出とココロを取り戻せた

                    古本のにおいが なお

                    おかえりと 心の中で言いました



                    えほんやるすばんばんするかいしゃ という


                    ふしぎな名前の本屋さんに頼みました

                    丁寧な手書きのお手紙つきで届いたのでした

                    大好きなカンジの本ばかりを売っている かわいい本屋さんでした

                    たまたま、そこに頼んだのでした

                    でも とってもステキなところにあたりました

                    わたしには そんなことが たくさん起こる

                    会いたいと思ってたひとが 偶然、とか

                    欲しいものが もらえちゃったり、とか

                    今日も、息子の野球のとき、「だれか、ゲージいらない?」と

                    チームの子のお母さんが!

                    ちばわんで物資を募集しているため わたしは友人に声をかけてるとこ

                    そのママには声かけていない  なんて素敵なタイミング・・・

                    ツイッターで声をかけて 物資を提供してくださった方が

                    以前のCLAYのお客様のお友達だったり(Kさまありがとうござます!)

                    わたしのCLAYを 「生き写しだった」と

                    その言葉から 力をいただく


                     
                    パパママがみてるから と書いたメッセージも燃えてしまったけど

                    こんなとき いつも マモラレテイル・・・と

                    感じるのです

                     

                    同じ年の友人が 流れで生きるのはもうおわりの時期と言った

                    人生なんて計画通り進まない と思ってるわたし

                    いつくるかわからない その時 よき人生と思えるように

                    わたしのルーツをたどり わたしを探す旅

                    答えを探す途中


                    あなたがいうように

                    間違っているかも 欲張っているかも

                    でも 道の途中

                    その時を できるだけ精一杯


                    マモラレテイルからなんとか きっとがんばれるよ












                    Calendar
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    2627282930  
                    << November 2017 >>
                    PR
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM