<< 探し物に。〜Bio Fach Japan オーガニックEXPO〜 | main | いぬの、ごはん その3 自然百彩さん >>
2018.11.02 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.11.13 Sunday

    いぬの、ごはん その2

    0

       みなさんは ドッグフードがどうやって作られるか

      興味を持ったことがありますか?

      ドッグフードの材料ってどんなものだろうと 調べた事がありますか?


      トリマーとして勤めていたころ

      困ったな、の相談内容に

      耳が外耳炎で 真っ黒で 臭いもきつくて。。。とか

      ベタベタして 皮膚をかゆがる。。。とか

      とても多かったんです

      何を食べているか聞くと 某有名メーカーとか 同レベルのフード

      ホームセンターにあるようなフードがほとんど

      そのころは まだあまりなかったけど 

      根本的に作り方のちがうのを食べてもらう

      しばらくすると 耳がきれいになる、かゆがらない


      原因がフードであると ほぼ確信しました

      そのころから おかしいなと思って 調べたり読んだり


      ある本と出会い なるほど と思いました


      肉の副産物、と書かれたものがあります

      ひとが食べるところの余りをいいます

      皮膚、毛、ひずめやすじなど 有害物質が蓄積されやすい内臓なども含む

      それらを レンダリングして 粉々に

      牛の命をいただくのだからすべてを無駄にしないのは賛成

      でも だいじょうぶかな??

      野生動物はそんなとこ食べないよね?

      内臓は一番に食べるけど 薬は入ってない

      動物性脂肪はとても酸化しやすいから 酸化防止剤を使う

      BHTなど問題になったものは 発がん性がある

      着色料を入れて3色だとおいしそうだから、とか

      大量生産の大量の材料はホルモン剤や抗生剤を投与して

      育てられたイキモノかも、、、

      かさを増すために 草食のような 穀類を混ぜる

      AAFCOの基準の数字にあうものが できればいい

      ・・・?

      その本は そんなことを教えてくれる本でした



      しかし 一方 きちんとそういうものを排除した いいフードもあると思います

      たくさんメーカーもあって 良さそうに書いてあって

      さて どれが一番いいかな

      そのコにあったものを探すのに 「フードジプシー」になってしまった方もたくさん

      これも大変。。。


      ワタシは そのコが暮らすうちのライフスタイルにあったモノが

      一番いい方法かも と思っています

      さっと買いに行けるとか おうちの経済力に合ってるのがいい

      そのコも調子がいい

      それで そのコが元気で長生きならば 問題なし

      ドライフードは ‘‘ニンゲンにとって” 簡単で便利

      ほんとは一番安心であるはずだった


      いぬと暮らすことが 大変になるということは 良くない

      ただでさえ いぬと暮らすのは 子供一人増えたくらいなかなかたいへん

      なるべくごはんも楽チンにお世話したい

      うちのコ達も 実はいろんなドライフードをとっかえひっかえです

      手作りしたものがいいとは思うけれど

      ワタシは仕事をしながら 家族6人の食事を用意するのでいっぱいいっぱい

      家族にいぬ嫌いもいて

      ぜんぶ手作りしてはあげられません



      しかし いぬという 生物として考えるのであれば

      ドライフードが最善でないことは  前回も書きましたが やはりゆるぎない

      周りにいる、大型犬であるレトリバーたちがみんながんになるのはなぜなんだろう

      食事ではないだろうか・・・

      なにかいい方法はないかな

      うちがお世話になっている 伊勢原にある杉山動物病院の先生は

      そのコにあった手作り食の 計算をしてくださいます

      肉をどれくらい やさいをどれくらいと

      だから そのとおりやれば さほど難しくはないけれど

      みんなが先生の所にはいけないし

      だれでも難しい計算をしなくても 彼らの本来の食べ方に近いもの

      手軽に与えてあげられないもんかな

      ホリスティックケアカウンセラーの端くれとして

      実はずっと悩んではいたわけです

      とても アレルギーなどで困っている方も多いしね

      そんなコに おススメできるフードは どれだろう・・・

      ひとといぬが なるべく長い間 一緒に居られるように・・・

      ワタシは ドッグフードのメーカーの人じゃないし

      作ってる人しか 何を入れているかわからないでしょう???

      第三者機関が きちんと調べたもの 認定を受けたものなら

      まだいいかもしれませんけれど

      困ったな・・・



      そんな折 全然いぬとは関係ないところから ある出会いがありました

      そのお話は次回へ。。。





       

      2018.11.02 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM